現代文化学部

現代文化学部

「文化の力」を育みながら夢を実現しよう!!

現代文化学部 学部長
大谷 哲朗

現代文化学部では,建学の精神・理念に則り,現代社会と人間の文化に視点を合わせ,人間が過去から築いてきた文化を継承し,未来の文化の創造と発展のために寄与する能力を身に付けることを,学生の皆さんに奨励しています。現代文化学部の根底には,技術力や経済力のような強制力を持つハードパワーよりもむしろ,人々の心にじわっと影響を及ぼすソフトパワーとしての「文化の力」への強い思いがあります。「文化の力」は,「物の豊かさから心の豊かさへ」という言葉に表されているように,文化を根源にして,生き生きとした発想,新たな知的創造力を生み出し,ひいてはその人の品格を醸し出します。現代文化学部での学びは,この「文化の力」を育みながら「言語文化学科(日本語文化コース,国際コミュニケーションコース)」,「マスコミュニケーション学科」,「社会臨床心理学科」,「子ども発達教育学科」で各自の夢を実現することになります。そしてその学びのフィールドは,時代の要請に対応するだけでなく,時代をリードできるように幅広くなっています。さらにその学びに対して,教員が一人ひとりの学生に適切な助言を行うチューター制度,大学での学習を支える学習サポートセンター,教員になりたい人を後押しする教職指導センター,就職活動をきめ細かく支援するキャリアセンターなどをとおして,有形無形の応援を行っています。舞台は整っています。比治山大学で,現代文化学部で,「文化の力」を育みながら夢を実現しましょう。