現代文化学部

国際コミュニケーションコース

International Communication Course
先輩メッセージカリキュラム修得できる免許・資格・称号将来の進路ブログ

国と国とを結ぶ懸け橋になる

言語と文化を学び、国際的なコミュニケーションスキルを磨いていくために、それぞれの進路に合わせた5つの学びのプログラムを用意しています。

求める学生像

国際社会で通用する英語を中心とした外国語の習得をめざす人

教育目標

グローカルな視点で国際性に磨きをかける。

日本の社会や文化をしっかりと認識し、地に足をつけたものの見方や考え方を養います。そして、日本人としてのアイデンティティを大切にしながら国際社会や地域社会で活躍できる人を育てていきます。

コースの特色

海外経験とCALL学習で英語力をレベルアップする。

2年次前期にはe-learningソフト「Gyuto-e」を利用し、短期集中のTOEIC対策を実施します。その後イギリス、オーストラリアなどへの留学を奨励し、3年次後期には、再度短期集中TOEIC対策を行い、進学・就職に備えます。

学科主任
重迫 和美 教授

<主な担当科目>
○英米文学講読
○英米映画文化論
○英米音楽文化論

あらゆる分野でグローバリゼーションが急速に 進む現代社会。私たちは国際性を磨く必要に ますます迫られています。国際コミュニケー ションに必要な,ツールとしての語学力と国際 的教養,他者を尊重し協同できる精神態度。 21世紀を生き抜く国際人として不可欠な それらの力を本コースで身に付けてください。 「学び」は「喜び」という実感がここにはあります。

在学生からのメッセージ

留学や学科での授業をとおして、日々、英語の楽しさを実感しています。

4年
井村 綾花さん
広島県立広島皆実高等学校出身

洋画が好きな父親の影響で海外の文化について興味を持つようになり、本学科に入学しました。1年次では英語、フランス語、ハングルの3ヶ国語を学習。また、タイ留学にも参加し、外国の文化にも触れる機会にも恵まれました。タイで知り合った現地の学生とは、今も文通をとおして交流を続けています。2・3年次では、言葉の成り立ちや、その背景にある文化、さらに実践的な英会話など、あらゆる角度から英語を学習。今後は、翻訳などにも挑戦し、英語のスキルをさらに高めていきたいと思います。

≪夢をサポートするプログラム≫

「英会話Ⅲ」

10人弱の少人数クラスで行われる英会話の授業です。高校までとは違い、「読む・書く」ではなく、とにかく沢山の英語を「話す・聞く」授業です。授業ではネイティブの先生方と一緒に、楽しく英語で討論。自分の意見をまとめ、相手に伝える力が養えたと思います。

卒業生紹介

先生方との交流は、卒業した今も続いています。

勤務先:広島市立湯来中学校
'07年卒(英語文化専攻'09年修了)
斉藤 勝さん 広島県 崇徳高等学校出身

自分の興味や関心の向くままに学べることこそ、大学という場所の素晴らしさだと思います。私自身も、在学中は、授業だけではなく、サンフランシスコの友人宅に泊まって語学学校に通うなど、自らも行動しながら語学力を磨いていました。また、多くの人との繋がりが生まれるのも、大学ならではです。大学時代にお世話になった学科の先生方には、現在でも懇親会に呼んでいただくなど、その結びつきは今も途絶えることはありません。今後は、そんな先生方のように、子どもたちを惹きつけ、英語の楽しさを伝えられるように、頑張っていきたいと思います。

わたしの卒業論文

「アメリカ文学」

私は『トム・ソーヤーの冒険』で知られるアメリカの小説家マーク・トウェインを題材にして、卒業論文を書きました。卒業論文制作においては、彼の本を約30冊ほど読み、前期・後期でどのように作風が変化してきたのかについて考察。後期になるにつれ、作風は暗いイメージのものが多くなり、その原因としては彼自身の人生が影響しているのではないかという結論に至りました。

学科で身につけたスキル

  • 中学校教諭 専修免許状(英語)

    「先生になる」という夢を叶えることができた、大切な資格です。

  • 学ぶ姿勢

    教壇に立つ今も、初心を忘れずに、教育者として学び続けています。

  • 人との繋がり

    学科で出会った先生や友人たちは、今でも私の支えとなっています。

世界を舞台にした仕事において、学科で身につけた語学力が活かされています。

勤務先:マツダロジスティクス株式会社
'12年卒
渡邉 将人さん 広島県立安芸南高等学校出身

現在は山口県防府市にある中関港という港で、海上の物流業務を担当しています。このような仕事では、外航船と呼ばれる海外からの船に乗船されている船長をはじめ航海士、船員とのコミュニケーションが必要となりますので、学科で修得した語学力は大いに役立っているスキルのひとつです。また、海外からの問い合わせなどはメールで対応していますので、英語の聞き取りだけでなく、書き言葉としてのビジネス英語を学んでいたことはとても役立っています。今後は、さらに知識の幅を広げ、通関士という資格にも挑戦していきたいと考えています。

わたしの卒業論文

「The Concepts of Tatemae and Honne in American Business Culture」

日本人の多くは、ビジネスシーンにおいて本音と建前を使い分けると言われています。では、逆に、物事をはっきりと言うイメージの強い海外の方は、ビジネスの場においても裏表なく接しているのかについて調査・研究しました。論文作成にあたっては、アメリカのビジネス文化と日本のビジネス文化を比較し、本音と建前について検証。「言葉」をとおして、「文化の違い」について考察する良い勉強になったと思っています。

学科で身につけたスキル

  • 対話力

    ディベート主体の授業を積極的に受けることで身につけました。

  • 文章構成能力

    レポート作成をとおして、自らの言葉で書くことの大切さを学びました。

  • TOEIC

    入社前から現在に至るまで、英語のスキルアップのために活用しています。

わたしたちの就職活動

勤務先:やしまグループ
'14年卒
佐々木 優さん
広島県瀬戸内高等学校出身

私は、面接や履歴書においても、自分のありのままの言葉で伝えるように心がけてきました。それは内定を決めた先輩方から、マニュアルにとらわれずに、自分の言葉で自分の想いを伝えることの大切さを教わったからです。今後は、着物の販売という仕事をとおして、外国人のお客様にも日本文化の良さを伝えていきたいと思います。

勤務先:グランドプリンスホテル広島
'14年卒
上田 ゆき乃さん
広島県 比治山女子高等学校出身

私の就職活動には2つのテーマがありました。ひとつめは、留学で身につけた語学力を活かせる仕事に就くこと。ふたつめは、地元・広島で働くこと。就職を決めたグランドプリンスホテル広島は、まさに希望通りの企業です。今後は、様々な人が利用されるホテルという職場において、責任感を持って行動できる人間に成長したいと思います。

勤務先:広島市信用組合
'14年卒
森前 大輔さん
広島県立加計高等学校芸北分校出身

キャリアセンターの皆様に勧められて、合同企業説明会に参加。そこで、広島市信用組合の明るく・元気な社風に魅力を感じ、「この会社で働きたい」という想いが強くなりました。その後、採用試験に応募し、内定を獲得。今後は、会社に少しでも貢献できるように、毎日の仕事を一生懸命に頑張っていきたいと思います。

勤務先:山口トヨタ自動車株式会社
'14年卒
牟田 大輝さん
山口県立宇部中央高等学校出身

就職活動中は履歴書添削や面接の練習など、キャリアセンターで様々なサポートを受けることができました。おかげで、子どもの頃から好きだった自動車に関わる仕事に、地元・山口で就くことができました。今後は、仕事に対する責任感をしっかり持つことで、お客様からの信頼を得られるように、さらに成長していきたいと思います。

カリキュラム

PDFで見る

修得できる免許・資格・称号

  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 日本語教員養成課程修了証
  • 学芸員資格
    ※博物館や美術館などで、資料を収集、保管しながら調査・研究を進め、様々な展示をとおして、学術や教育・文化の発展に寄与する専門職です。

将来の進路

  • 就職
    ※国家及び地方公務員、英語教員、日本語教員、サービス業、金融・保険業、運輸業、通信業、小売業、卸売業、建設業、製造業
  • 大学院進学
    ※本学大学院、広島大学大学院、鳴門教育大学大学院

オススメ授業

留学入門

入学後すぐ「留学の魅力」について学べます。1年次の夏に海外異文化体験旅行を紹介し、2年次の夏に「異文化間コミュニケーションI・II」で短期留学、または、2年次後期から長期交換留学に挑戦できるよう早めに指導しています。

英米音楽文化論

ロックを通じて、アメリカの人種問題や環境問題について深く考えます。エルビス・プレスリーやボブ・ディランはもちろん、ビートルズやローリングストーンズなどイギリスのミュージシャンや最近のミュージックシーンにまで話題は広がります。

英米映画文化論

古典的名作から最新作まで、いろいろな角度から映画の観方を伝えていきます。原作とリメイク版の比較では、セリフや演出の違いを討論したり、作品のメッセージを深く考えるなど、今までとは違った映画の世界を体験できるかも。

Debate & Discussion

Speak up and agree or disagree with other people! This class will use English to discuss and debate opinions. Express your ideas and opinions then compare them with other people! You will debate in pairs (1 on 1), and in groups (3 people vs. 3 people). Don't be shy!