健康栄養学部

管理栄養学科

Department of Health and Nutrition
先輩メッセージカリキュラム修得できる免許・資格・称号将来の進路ブログ

食と健康に強い管理栄養士・栄養教諭を養成します。

現在、社会環境の変化により、管理栄養士に対する社会的ニーズが一層高まっています。そこで、比治山大学では家庭だけでなく、特に保育園(認定子ども園) 、幼稚園、小・中学校などの保育・教育の場において、幼児や児童・生徒を対象とした食育指導、栄養マネジメントが特に強い、高度な知識や実践力を修得した管理栄養士・栄養教諭を養成する目的で「健康栄養学部 管理栄養学科」を 設置することになりました。

教育目標

少子高齢化の進行や人間生活を取り巻く社会的諸環境の変化の中で、栄養科学に立脚し、幅広い視野と豊かな人間性を持って、人々の生活を健康・栄養や食事面から支援し、生活の質の向上に指導的役割を果たすための専門的能力・技術を育成し、地域社会の発展に貢献できる管理栄養士を養成します。

学科の特色

  • 幅広い視野と豊かな人間性
  • 豊かな人間関係力とコミュニケーション力
  • 社会の変化に対応できる高度な専門的知識・技術
  • 優れた栄養指導・マネジメントの実践力
  • 地産地消などを活用した地域再生・活性化に貢献できる実践力

学科主任
寺岡 千恵子 教授

<主な担当科目>
○給食経営管理論
○給食経営管理実習

食は生きるために必要なだけではなく人生の喜びの一つでもあります。また近年は、テレビや雑誌、インターネットなどに「食と健康」の話題はさまざまな情報であふれ、「食と健康」に関する興味は高まっています。
はたしてその情報は正確でしょうか?管理栄養士は、科学的な思考力と専門的な知識を持ち、正確な情報を伝えること、そして人々の健康をどのように維持、改善していくかを考えていく必要があります。そのためにはすべての人に対する暖かいこころだけでなく、食品を大切にするこころも持ち合わせなければなりません。 本学科では、食と栄養、健康スポーツの両面から人々の生活を支援し、長寿社会における健康の維持増進や地産地消の推進、食文化の発展に中心的な役割を担い、地域社会の発展に貢献できる食の専門家を育成します。 教員スタッフは、教育経歴や実務経験豊富な学科教員に加え、カウンセリング関係の科目は、本学の社会臨床心理学科の教員が担当します。 教育内容は、アクティブラーニングを取り入れた実践的な授業、実習、実験を展開し、フィールドワークも充実させています。
そのため学生は、企業や地域などと協同し自主的にさまざまな活動を行い各方面で高い評価を得ています。大学内のカフェでは、本学科の学生が考案したランチメニューを提供し好評です。
また、国際交流で、カンボジア パンニャサストラ大学へ短期留学を行い、小学生を対象とした食育ゲームなどをすることで、日本だけでなく海外の食育についても学ぶことができます。
広い視点から人間と栄養を学び、地域社会に「食べることの喜びや幸せ」をもたらすことのできる管理栄養士、その夢の実現に教員一同全力でサポートしていきます。

在学生からのメッセージ

食をとおして、健康的で安心な生活を届ける管理栄養士になりたい。

4年
川本 剛さん
広島県立高陽高等学校出身

私は食物アレルギーを持っていたことから、「食」に対する興味が自然と芽生え、管理栄養士をめざすようになりました。比治山大学の管理栄養学科を選んだのは、新教育棟も建設され、最新の実習器具が揃う学修環境の中で、高いレベルの勉強ができると考えたからです。これから始める4年間での学びでは、一人でも多くの人が健康的でより良い生活が過ごせるようにサポートできる知識・スキルを身につけていきたいと考えています。そして、私と同じようにアレルギーを持った子どもたちでも安心して食べられる献立を考え、「食」を通じて、笑顔を届けられるように頑張っていきたいと思います。

カリキュラム

PDFで見る

修得できる免許・資格・称号

  • 栄養士免許証
  • 管理栄養士国家試験受験資格
  • 栄養教諭一種免許状

将来の進路

保育・教育・医療・保健・福祉、食品産業などの各分野での活躍が期待されます。

  • 福祉施設(保育園、高齢者施設、障がい者施設)
  • 学校(小学校、中学校、支援学校)
  • 医療施設(病院、診療所)
  • 行政(都道府県、市町村)
  • 事業所(給食施設)
  • 食品関連会社、研究・教育機関など

オススメ授業

食品学実験

栄養教育論実習

地域課題研究(地産地消)

地域課題研究(農業祭)

給食経営管理実習