ホーム > 学科・専攻案内 > 現代文化学部 > 言語文化学科/日本語文化コース

学科・専攻案内

モバイルサイト

【QRコード】
携帯電話の方はこちら

比治山大学
比治山大学短期大学部

〒732-8509
広島市東区牛田新町4丁目1-1

大学へのアクセス

現代文化学部

言語文化学科/日本語文化コース

文化を「表現」できる人になる

言葉、文学、歴史…。10人のエキスパートが、個性豊かな授業で各分野の奥深さを伝え、「日本語文化を発信できる人」を育てます。

求める学生像

言葉の力と文学や歴史の深さを体得し、日本語文化の発信をめざす人

【 学科の特色 】あらゆる日本語文化をカバーする高密度で多彩な授業科目群。

本コース最大の特色は、高密度で多彩な授業科目群です。「日本語表現」科目と「日本文学・文化」科目の2つに分類することで、分野ごとの密度が高くなり、また、日本の歴史や文化も含めて多角的な観点から学問的アプローチをすることが可能となるように配慮しています。

教員紹介

日本語を極めるか、グローバルに進化するか。

言語文化学科では「日本語教員」がめざせます。

学科主任からのメッセージ

古い言葉、新しい言葉を知ることで、「心」の変化を読み取ることができます。それらをただ受け入れるだけでなく、ぜひ自分自身の「言葉」で表現し、「日本語文化」というものを伝えていってほしい。「読むこと」や「創作する」ことをとおして、積極的に自己を表現すること。それが、本コースの「学び」の理想の形であると考えます。

学科主任
戸田 利彦教授

<主な担当科目>
○現代日本語研究
○日本語文化研修

先輩メッセージ

在学生から卒業生までいろんな
先輩のメッセージを紹介します。


取得できる免許・資格・称号
  • ■中学校・高等学校教諭一種免許状(国語)
  • ■学校図書館司書教諭資格
  • ■日本語教員養成課程修了証
  • ■学芸員資格
      ※博物館や美術館などで、資料を収集、保管しながら調査・研究を進め、
       様々な展示をとおして、学術や教育・文化の発展に寄与する専門職です。
  • ■レクリエーション・インストラクター資格認定証
将来の進路
  • ■国語教員
  • ■日本語教員
  • ■一般企業 ※出版・教育・卸売・小売・サービスなど
  • ■国家・地方公務員
  • ■大学院進学 など
オススメ授業

創作論

小説等を読むことをとおして、創作のあり方を学びます。
原稿用紙の使い方、タイトルのつけ方、登場人物の名前のつけ方、書き出しの書き方、自然描写、比喩など、いくつかの観点から創作について考えていきます。

日本語の歴史

たとえば、あいさつ言葉などの語彙の歴史、時間表現などの文法の歴史、平仮名・片仮名などの表記の歴史、「いろは」や五十音図などの音韻の歴史など、日本語の歴史を総合的にとらえ、日本語への認識を深めます。

日本文学研究I

古典文学作品には色好みの男性や女性が多数登場します。この授業では、そうした色好みたちの描写を追うことで、それぞれの作品で男女の関わりがどのように描きだされているか考えます。

日本考古学

遺跡遺物から歴史を学ぶ方法をはじめ、その社会とのかかわりまで、考古学が体系的に学べる本コースの特徴的な授業です。

比治山大学・比治山大学短期大学部 〒732-8509広島市東区牛田新町4丁目1-1 お問い合わせ先一覧 および フォームからのお問い合わせはこちら