入試情報

社会人特別選抜試験

【2018(平成30)年度】

募集人員

<現代文化学部> <健康栄養学部>

学科募集人員
言語文化学科
マスコミュニケーション学科
社会臨床心理学科
子ども発達教育学科
管理栄養学科
若干名

<短期大学部>

学科募集人員
総合生活デザイン学科
幼児教育科
美術科
若干名

◆長期履修学生の募集について

<短期大学部・総合生活デザイン学科及び美術科>

短期大学部の総合生活デザイン学科及び美術科では、社会人特別選抜試験を受験される方の中から長期履修学生(若干名)を募集します。 長期履修学生制度の概要については、後記「長期履修学生制度について」を確認してください。

  • ※長期履修学生制度による入学を希望する方は、入学志願書類により申請してください。
  • ※長期履修学生制度により出願する場合は、必ず出願に先立って、事前面談を受けてください。事前面談によって、本学での履修計画について確認します。事前面談の詳細については、出願締切日の2週間前までに入試広報室まで問い合わせてください。

出願資格

平成30年4月1日現在、現代文化学部の場合は満25才以上、短期大学部の場合は満22才以上の者で、次の各号のいずれかに該当する者

  • (1)高等学校を卒業した者
  • (2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者
  • (3)学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者

出願期間

  • 12月試験 平成29年11月20日(月)~12月1日(金)<必着>
  • 3月試験 平成30年2月15日(木)~3月1日(木)<必着>

なお、持参出願の場合は、上記締切日の午後5時まで受け付けます。

入学検定料

30,000円

試験日時

<現代文化学部・健康栄養学部・短期大学部>

  • 12月試験 平成29年12月9日(土)
小論文 9:30~10:40
面接 11:00~
  • ※試験当日は、試験開始15分前までに入室してください。
  • 3月試験 平成30年3月9日(金)
小論文 10:00~11:10
面接 11:20~
  • ※試験当日は、試験開始15分前までに入室してください。

試験会場

本学

選考方法

<現代文化学部・健康栄養学部・短期大学部>

  • (1)題目形式の小論文[70分]・面接[4段階評価]・提出作品[美術科のみ]   及び成績証明書(調査書のある者は調査書を含む)を総合して選考します。
  • (2)小論文試験内容
小論文
(設定された題目について、
日本語で意見を述べるもの)
配点100点
  • (3)提出作品
美術科 試験日に作品、又は作品写真を持参してください。

合格発表日

  • 12月試験 平成29年12月12日(火)
  • 3月試験 平成30年3月14日(水)

入学手続締切日

  • 12月試験 平成29年12月21日(木)<必着>
  • 3月試験 平成30年3月20日(火)<必着>

長期履修学生制度

長期履修学生制度について
長期履修学生制度は、本学短期大学部では、通常2年間で卒業するところを、3年またはそれ以上(最長4年まで)の年数をかけてゆっくりと無理なく学習し、短期大学を卒業することができる制度です。自分のライフスタイルに合わせて学習できることや、一度に納入する経費負担が少ない点が特徴です。ただし、卒業までに納入していただく学費は、2年間で卒業する学生と同額になります。科目等履修生が正規学生ではないのに対し「長期履修学生」は正規の学生となります。
  • (1)長期履修学生制度の入学試験について
    この社会人特別選抜試験を受験してください。社会人特別選抜試験の通常の2年課程の入学試験と同じです。
  • (2)長期履修学生制度の適用について
    長期履修学生制度により入学を希望する方は、この社会人特別選抜試験の出願時に申請(入学志願書類に明記)してください。 通常の2年課程に在学している間に長期履修学生制度への変更はできません。また、長期履修学生制度で在学している間に、通常の2年課程への変更もできません。
  • (3)履修期間の延長について
    長期履修学生制度による修業年限は3年ですが、1年間の延長をすることが可能です。 3年目で卒業するか4年目で卒業するかを、2年目の12月までに決定し届け出を行っていただきます。
  • (4)履修登録単位数について
    長期履修学生制度の場合、1年間で履修登録できる単位数は、原則として、前期14単位、後期14単位の合計28単位までとなります。卒業に必要な単位数は64単位です。