お知らせ

【文科省AP関連】「比治山型アクティブ・ラーニング」の推進へ!~図書館ラーニングコモンズ「Me+Library(みらいぶらりぃ)」を活用しています

2015年03月02日

比治山大学図書館では、2014年4月から、7号館3階閲覧室にデスクトップパソコン・ノートパソコン・オンデマンドプリンターを設置し、学生の学修活動の便宜を図ってきました。そして、2014年10月から、その発展形として、アクティブ・ラーニングの場としても活用可能なラーニングコモンズ仕様を取り入れて、リニューアルしました。

可動式の机・椅子・ホワイトボード・ハイカウンターテーブル・電子黒板・プロジェクター・貸出用の文房具等を豊富に揃え、自習はもちろん、授業・グループ学習・ディスカッション・プレゼンテーション・図書館ガイダンス等の様々な学修活動が展開可能となりました。オープンしてまだ半年ですが、学生や教員の利用は活発で、本年度の図書館入館者数は前年比+18%と、まさに「比治山型アクティブ・ラーニング」の推進スペースとしてしっかり活用されています。

この空間は、学友会からの支援を受けて、学生クラブ団体「図書館倶楽部」と意見交換を重ねて学生と教職員が一緒につくったラーニングコモンズです。名称は、広く学生の皆さんから愛称を募って、「Me+Library(みらいぶらりぃ)」と名付けました。「私と図書館」と「未来の図書館」の二つの意味を掛け合わせたネーミングとなっています。

今後も、学生の希望を受け、学生に親しまれるラーニングコモンズであり続けるよう、図書館スタッフも日々奮闘し続けます。


図書館ラーニングコモンズ(みらいぶらりぃ)パンフ [pdf]