お知らせ

平成29年度後期HOPE壮行会を開催しました。

2017年10月25日

留学生サポーター
現代文化学部言語文化学科2年 佐古 大典


 8月29日、本学10号館の食堂にて、海外研修プログラム(HOPE)に参加する学生の壮行会を開催しました。当日は26名の参加があり、長期休暇を感じさせない参加者数でした。

 壮行会は、サポ-タ-のあいさつと国際交流センタ-教員デ-モン・チャップマン先生の乾杯の音頭で始まりました。また、研修プログラムに参加する学生は一人一人意気込みを発表しました。様々な参加動機や海外に対する考えに触れることで、参加者同士の理解が深まりました。

 ある参加者からは「学生、先生と話をしたり、スピーチを聞いたりすることで、事前に参加者と仲良くなれました。おかげで、安心して留学に臨めます。企画してくださりありがとうございました。」とコメントが寄せられました。他の参加者からも、「知らない人と話せてよかった。」との声があり、この会を設けた「意義」を感じました。

 今回のイベントは私にとって今期最後のサポーター業務でした。半年間様々な企画を実行し、失敗の連続で何度もくじけそうになりました。しかし、参加者から感謝の言葉が心の励みになりました。また、失敗の経験は今後の人生の糧になると思います。

 最後になりましたが、サポーターを支えてくださった教職員の皆様、毎回開催場所を提供してくださった食堂及びカフェル-チェの皆様、本当にありがとうございました。

 2017年度前期のサポ-タ-は9月末で任期を終え、10月より新体制となりました。新体制では、今まで以上に活動の場を広げ、新しいことに挑戦していきます。留学生とのバスツア-、異文化交流企画などを実施予定です。学内システム(Hi!way)を通じてお知らせしますので、奮ってご参加ください。今後も国際交流センタ-及び留学生サポ-タ-をよろしくお願いいたします。



(=国際交流センター)