お知らせ

【AP関連】[2018/3/5(月)開催] 平成29年度 AP第2回セミナー開催案内

2018年02月16日

平成29年度 AP第2回セミナー「ルーブリックの効果的な活用方法」を開催いたします。

日 時

 平成30年3月5日(月) 15:00~16:15 (受付開始14:30)

会 場

 比治山大学 6号館1階(06106教室)

講 師

 関田(せきた) 一彦(かずひこ) 氏:(創価大学 教育学部 教授)

参加費

 無料

申 込

方 法

 事前申込制 【申込締切】平成30年2月26日(月)
 以下の必要事項をご明記のうえ、電子メールにてお申込みください。    (当日受付可)
  宛先: apollo@hijiyama-u.ac.jp (アクティブ・ラーニング推進室)
  件名:(2018.3.5)H29年度AP第2回セミナー申込
  本文: (1)お名前
      (2)ご所属
      (3)ご職位
      (4)ご連絡先(メールアドレス)



平成26 年度に本学が文部科学省大学教育再生加速プログラム採択を受けて以来、比治山型アクティブ・ラーニングの構築及び実践に始まり、学内情報システムを利用した学修成果の可視化に取り組んで参りました。主体的な学びを促進するアクティブ・ラーニングは、学生の学びにどのような効果をもたらしたのでしょうか。その学修効果を評価するためには、評価システムを構築する必要があります。今回は、ご自身もルーブリックによる教授法の効果研究を実施されている関田一彦氏を講師としてお招きし、氏のご研究・教育活動をご報告いただきます。ご講演を通じて、本学での教育評価システム開発への示唆を得ることを始め、各講義科目における学習到達度の評価方法や評価を授業に還元する手法を学びます。

興味・関心のある皆様のご参加をお待ちしています。

【ルーブリックの効果的な活用方法】

【大学教育再生加速プログラム(AP)】



(= AP)