お知らせ

平成30年7月豪雨災害で被災した本学在学生に対する諸納付金の減免について

2018年07月31日

 平成30年7月豪雨により被災されたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。
比治山大学では、この度の豪雨災害により被災された学生の皆様を対象に,次のとおり学業継続の支援を目的とした学費の減免措置を行います。

 主たる家計支持者(学資負担者)(以下「家計支持者」という。)が災害救助法が適用された地域に居住する学生に対して,被災状況により授業料等諸納付金の減免制度を設け,希望者に減免の申請ができるよう措置します。

1 対象者
  本学の正規学生で,次のいずれかに該当する場合
(1) 家計支持者が「災害救助法適用地域」に居住し,被災した場合
(2) 家計支持者が「災害救助法適用地域」に単身赴任又は出張等で,被災した場合
注)家計支持者とは,学生が大学に届け出ている保証人又はこれに代わる者とします。

2 対象となる被災内容
  被災により次のいずれかに該当する場合
(1)家計支持者が死亡し又は行方不明の場合
(2)家計支持者が所有する自宅家屋が全壊,大規模半壊,半壊の被害を受けた場合
(3)家計支持者が失業するなどして著しい家計急変があり,諸納付金納入が困難である場合

3 減免の内容
  授業料等諸納付金の全額免除
  ただし,上記によらない家計支持者が所有する自宅家屋の一部破損の場合は授業料等諸納付金の半額減免とする。 
  (※諸費,実習費は除く)

4 減免対象期間
  平成30年度後期及び平成31年度前期

5 その他
  手続きについては別途お知らせいたします。

(= 比治山大学・比治山大学短期大学部)