保護者の方へ

保護者の方向けコンテンツ

比治山大学・比治山大学短期大学部で学ぶ、将来に向けての本物のスキル。

本学には、多彩な共通教育科目があり、学生の興味や関心を最大限に引き出します。
もちろん、進学した学科では、さらにコースを選択し、本当に好きなことを絞り込み、専門的な知識・スキルを身につけることができます。
つまり、好きなことを身につけたいと思っている学生の気持ちにも、好きなことがすでに見つかっていて、それを極めたいと思っている学生の意欲にも応えることができます。将来に向けての本物のスキルを身に付けることができる環境が本学にはあります。

創立70周年を迎えた伝統と進化

比治山学園は創立以来刻々と変化していく時代の流れに逆らうのではなく、学科編成、四年制大学設置、男女共学化などその時代ごとに適応する教育体制を整えてきました。比治山大学短期大学部は、2016(平成28)年に開学50周年を迎えます。

言語、マスコミ、心理、教育、栄養、美術…幅広い分野で広がる学びと将来

言語文化学科、マスコミュニケーション学科、社会臨床心理学科、子ども発達教育学科、管理栄養学科、幼児教育科、総合生活デザイン学科、美術科というように、本学では幅広い学びのフィールドを設けています。幅広い分野の自由な学修環境で、興味や関心や意欲の沸く方向へ自ら歩んでいくことで、大きく成長することができます。

充実の設備と学習環境

ホール、ラウンジ、レストラン、多目的ホール、ギャラリー、トレーニングルーム、スタジオなど、様々な施設がキャンパス内に揃っています。緑豊かな環境で思う存分学べる充実した施設・設備で、勉強はもちろんのこと様々なことを大学生活でしっかりと学ぶことができます。


講義室


ギャラリーアッシュ


CALL教室


多目的ホール

きめ細やかな就職支援

就職に関する授業プログラムを低学年次から実施するなど、本学では、段階を踏んで就職までに必要な知識やスキルを身につけることができます。独自の指導体制により、学生一人ひとりが納得のいく進路を見つけ出し、多くの卒業生が自らの興味や関心を生かせる職場で活躍しています。



教育懇談会

この行事は、保護者の皆さまにキャンパスへお越しいただき、本学の教育方針、学生生活や就職・進学に対する支援体制等をより深くご理解いただくことを目的としております。
ご意見やご要望を直接お聞きして、学生一人ひとりの学生生活がより充実したものとなるよう、皆さまと本学との連携を強化して参りたいと存じます。是非とも、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

※平成27年9月27日(日)於:本学キャンパス
大学の就職支援体制と教育改革の取り組みをご説明した後、初年次に実施している学生調査(大学基礎力レポート)からわかる本学学生の現状と課題を外部講師が解説してくださいました。
その後は、社会で活躍している卒業生の在学中の活動や現状報告があり、参加者アンケートには「卒業生のリアルな本音が聞けた」「4年生なので大学の取組が変わってきたのがわかる」「大学生のことがデータでみられてよかった」等の感想がありました。また、クラブ発表はHEC(hijiyama entertainment club)のコミカルなコントや大道芸とダンスで保護者の皆さんが大盛り上がりでした。
昼食会では、学科教員と保護者が熱心に話し込む姿も見られました。昼食後のお茶席も終始満席で、上田宗箇流茶道部のお点前にもお褒めの言葉をいただきました。
午後からの学科会と個別懇談で、日頃は聞けない学生の大学での学習状況や生活内容などを聞いて「不安が解消した」「保護者として何をサポートするかヒントになった」といった声が保護者からありました。。





災害等により被災された方へ

本学の在学生で水害・火災・地震・台風等の被害を受けた場合は、学生支援室まですみやかにご相談ください。