粘土、糸、布、金属などの素材を用いて作品制作を行います。様々な工程を経て、様々な技法で手を加えることにより、単なる素材でしかなかったものが姿、形、質感を変化させていきます。手による造形表現の象徴的な分野です。

前期

1年前期では、「絵画・マンガ」「デザイン・映像」「工芸」の3つの分野で多様な表現を体験し、基礎造形演習などで美術の基礎技法や現代アートの知識を学びます。そして、後期から専門する分野を決定していきます。

後期

クラフト表現を念頭にして、日常生活に取り込みやすい作品制作を目指します。

前期

美術表現を念頭にして、造形表現を主体とした作品制作を目指します。

後期

卒業制作展に向け、これまで学んだ素材、技術、表現を基に、各自のテーマを設定し卒業制作に取り組みます。