日本画の素材や表現技法は少し特殊です。胡粉、墨、水干絵具、岩絵具、箔、膠、和紙や筆など学ぶほどに奥が深いものです。 本コースでは、様々な表現が溢れる現代の中で、写生をとおして対象と自分自身の関わりをしっかりと考えていくことを大切にして、日本画表現という伝統的な表現・技法を学んでいきます。そして、古くて新しい日本画をベースとした、自分らしい表現の可能性を探っていきます。

前期

1年前期では、「絵画」「デザイン」「工芸」「映像・マンガ」の分野で多様な表現を体験し、「デッサン」「立体オブジェ」で美術の基礎技法や現代アートの知識を学びます。そして、後期から学ぶ専門分野を決定していきます。

後期

1年次後期、日本画コースは、洋画コースと一緒に人体や静物の基礎表現を学び、日本画基礎表現へと展開していきます。日本画基礎表現では、初めて触れることになるであろう和紙や墨、胡粉、そして岩絵具などの日本画独自の素材を体験していきながら、日本画の表現世界を理解していきます。

前期

2年次前期では、スケッチ→草稿→紙本制作という日本画の流れを体感しながら、伝統的な日本美術である日本画制作の本質的な表現を学びます。そして、自分らしい表現の可能性を探っていきます。

後期

これまで学んできた日本画制作の集大成として卒業制作の作品制作に取組みます。古典的でありながらも現代的で新しくアートフルな日本画として、自分らしい作品作りを目指します。