ようこそ!Kissのホームページへ Kissシステム長挨拶

Kissシステム長

 キッズサポートシステム Kissは健やかな子どもと家庭を支える保育の発展に寄与することを目的として、2006年度に比治山大学短期大学部幼児教育科と付属幼稚園の連携事業としてスタートしました。そして、今年度、念願のホームページを立ち上げることができました。

 シンボルマークをご覧ください。このマークは、幸せの四つ葉のクローバー、HijiyamaのH、こころ(Hart)のH、保護者(Hogosya)保育者(Hoikusya)のHを表しています。子どもを取り巻く人たちが、うまく手を取り合いつながって、子ども達と家族の幸せを支えていこう。そんな願いが込められています。そして赤い色は熱いハートを表わしています。子どもに関わる者として、いつも子どもの幸せを願い、いつも熱くて温かいハートを持ち続けていたいという願いを込めています。

 Kissは、四つ葉のごとく、主に4つの活動を行っています。ひとつは保育者や保護者のちょっとした悩みごと相談の『保育臨床相談室』、ひとつは子どもの発達が気になる保護者が気楽に話し合い情報交換をする『レインボーカフェ』、ひとつは0歳児からの愛着形成支援としての『タッチ&プレイルーム』、そしてもうひとつ、保育者を中心に、子どもを取り巻くいろんな人々をつなぐ『愛着形成支援ミーティング』です。

 ホームページの立ち上げを機に、より多くの人たちにKissの活動を知っていただき、我々の発信する情報が少しでも皆様のお役に立つことができれば幸いです。と同時に、気軽に相談していただくだけではなく、皆様のご意見や感想を届けていただけたらと思っています。
 子育て中の保護者の方、保育者の方、そして子どもに関わる様々な方が文字通り、「つながって」いくことが、子どもたちの幸せにつながっていくのではないでしょうか?

#