短期大学部

短期大学部

夢をかなえる「知識と実践力」を育みます

短期大学部 短大部長
森 修也

短期大学部には特徴的な3つの学科があります。「総合生活デザイン学科」「幼児教育科」「美術科」です。どの学科もみなさんの夢や希望をかなえるため、基礎から専門まで幅広い授業科目が開設されています。そうした中で特に3つの学科に共通しているのは、演習や実験・実習、実技などの科目が豊富に準備されていることです。これはみなさんが自らの経験や体験を通して、それぞれの学科での学びを深め、より確かな知識や技術を身につけてほしいと考えているからです。

大学での学びは「教えられるものではなく、それぞれが興味や関心のある領域を見つけ出し自らが学び取ってゆくものだ」とよく言われます。そうは言っても、「自分は何に興味があるのか?」「自分にはどんな力があるのか?」「自分には何が向いているのか?」など、なかなか自分の方向が見つからないかもしれません。そんな時、考え込んでしまうのではなく一歩前に出て「体験してみる中から自らの方向を見つけ出す」そうしたことが大切だと考えているのです。

経験や体験を通して身につく「力」は本物です。その「力」が社会に出て活躍できる「実践力」につながると考えています。
 短期大学の2年間は短いかもしれません。しかし、卒業のときにみなさんの夢が現実のものとなっているよう、また実り豊かで充実した大学生活を送れるよう、われわれは全力を挙げてサポートします。

  • 幼児教育科
    付属幼稚園が隣接しているという最高の環境で、子どものこころに寄り添える保育者を育てます。
  • 総合生活デザイン学科
    多種多様な科目群により、資格取得なども含めた「自分づくり」をバックアップします。
  • 美術科
    専用のアトリエで行われる内容の濃い授業と丁寧な指導で基礎から表現力を育てます。

専攻科

  • 美術専攻
    美術の学びの道は、長いものです。短大2年で学んだ専門性をさらに深めていきます。