お知らせ

【AP関連】[3/1(金)開催] 平成30年度 AP第2回セミナー開催案内

2019年02月01日

平成30年度 AP第2回セミナー

アクティブ・ラーニングと学修成果の可視化がもたらしたものとは?

〜APテーマⅠ・Ⅱ複合型選定校 京都光華女子大学短期大学部の取り組みから〜

を開催いたします。

日 時

 平成31年3月1日(金) 10:00~11:30 (受付開始09:30)

会 場

 比治山大学 6号館1階(06106教室)

講 師

 小山(こやま) 理子(あやこ) 氏:(京都光華女子大学短期大学部 准教授)

参加費

 無料

申 込

方 法

 事前申込制 【申込締切】平成31年2月22日(金)
 以下の必要事項をご明記のうえ、電子メールにてお申込みください。    (当日受付可)
  宛先: apollo@hijiyama-u.ac.jp (アクティブ・ラーニング推進室)
件名:H30年度AP第2回セミナー申込
  本文: (1)お名前
      (2)ご所属
      (3)ご職位
      (4)ご連絡先(メールアドレス)



 平成26年度に、テーマⅠ「アクティブ・ラーニング」・テーマⅡ「学修成果の可視化」複合型として大学教育再生加速プログラム(AP)に選定されてから、5年が経過しようとしています。本学では、比治山型アクティブ・ラーニングの構築と実践、学生情報システムを利活用した学修成果の可視化に取り組むとともに、全国的に進められている各大学等のセミナー・シンポジウムに参加して参考となる情報を集め、学内で共有してきました。  今回は、本学と同じテーマⅠ・Ⅱ複合型の幹事校である京都光華女子大学短期大学部から小山理子氏を講師としてお招きし、先進的に進めてこられた取組のねらい・工夫についてご報告いただきます。平成31年度の補助事業期間終了を見据え、AP事業として進めてきたこれまでの取組の成果と課題を客観視し、今後の方向性を定めていくことを目的とします。 これらを通して「アクティブ・ラーニング」と「学修成果の可視化」がもたらしたものとは何かについて、改めて問い直したいと思います。

興味・関心のある皆様のご参加をお待ちしています。

【3/1(金)開催 平成30年度 AP第2回セミナー開催案内】

【大学教育再生加速プログラム(AP)】



(= AP)