お知らせ

平成30年度後期 留学生との交流会および 比治山海外留学プログラム参加者壮行会を実施しました。

2019年02月18日

留学生サポーター

言語文化学科 2年 山田 聖 

言語文化学科 3年 佐古 大典

言語文化学科 3年 東條 誠志

言語文化学科 3年 箕笹 見信

管理栄養学科 3年 河村 静香

 1月30日、留学生との交流会および比治山海外留学プログラム(略してHOPE)参加者の壮行会を開催しました。今回のイベントは「International Foods」をテーマとし、日本、イタリア、メキシコで有名な料理を用意して、食による国際理解をも図りました。

参加人数は教職員6名、学生20名(留学生5名含む)でした。

様子1











様子2

 HOPE参加者からは、一人ずつなぜ行こうと思ったのか、研修先で何をしたいかなどを発表してもらいました。研修に行く参加者の中には、英語が苦手だが色々なことを学んで帰りたいと意気込みを語る学生もいました。








様子3

閉会の言葉は重迫国際交流センター長からいただきました。

HOPE参加者には安全でかつエキサイティングな経験をするよう祈っています。

皆様、ご参加ありがとうございました。







2018年度後期の留学生サポーターの担当する行事はこれが最後となりました。

この半年間、様々な変化がありました。しかし、どんな時にもくじけずに【仲間】と共に協力してやり遂げることが出来ました。(2019.2.10 報告)


様子4









(= 国際交流センター)