健康栄養学部

健康栄養学部

管理栄養士への夢を果たし、自己実現を図りましょう!

健康栄養学部 学部長
小田 光子

平成26年4月1日、管理栄養士養成施設として健康栄養学部管理栄養学科が誕生し、平成27年4月には2期生の70余名も迎えて、更に充実の時を刻みつつあります。

管理栄養士は、社会に貢献できる人材として育成され、法律によって認められている資格です。管理栄養士としての行動や働きにより、健康づくりや疾病の治癒などのお役にたって、家族や住民の方々に喜んでいただき、お役に立てた、必要とされていると感じることができますので、管理栄養士は、自己実現できる喜びややりがいを感じることができる魅力的なプロフェッショナルと言えます。

学生の皆さま全員が、こうした自己実現を体現していただけるよう、食と健康に強い、現場で頼りにされる管理栄養士の養成を特色にしています。

教育内容は、フィールドワークを豊富に取り入れ、主体的な学びをするアクティブラーニングで、現場での問題解決能力や実践力を養う専門教育を実施します。国家試験サポート体制では、全員が国家試験合格率100%を目指して、授業を受講する事により合格レベルに近づくことができるカリキュラムや「国家試験準備室」を作り、個別指導を基本にしたきめ細かなサポート体制を整備しています。

また、悠々と流れる太田川を一望できる場所に位置するピカピカの5階建の教育棟で学べる環境が整っており、きっと皆様のお気に入りの場所になると思います。

この学科は1学部1学科として誕生して1年が経過したばかりです。「いちばん大変で大切なのは最初の一歩」と言われますが、最初の一歩を踏み出した1期生のパイオニア精神が2期生、3期生へとつながって、後世に誇れる気風や伝統を作り上げていけるよう、多方面から集結した実力派の教員11名が皆様の魅力的なプロフェッショナルへの道を全力でサポートしていきます。

  • 管理栄養学科
    「未来に輝く子ども」の食と健康にも強い管理栄養士・栄養教諭を養成します。