loading...
比治山大学 比治山大学短期大学部
メニューを開く

HIJI NAVI

比治山ライフ比治山生の暮らし事情

比治山での学生生活ってどんな感じ?

「大学進学」というと「一人暮らし」をはじめるタイミングでもあります。
でも、広島市の中心部から15分という立地にある比治山大学には、自宅通学の学生も意外と多い!ここでは 「自宅通学」「一人暮らし」の学生がそれぞれどんな生活を送っているか、その暮らしぶりをご紹介します!

先輩の「ある一日」の様子をご紹介。

自宅通学

村上 みなみさん
現代文化学部 言語文化学科 国際コミュニケーションコース 4年 ○広島県立廿日市西高等学校出身

勉強と趣味のメリハリつけて。

オープンキャンパスで大学や教員の雰囲気に惹かれて比治山へ。英語を中心にした語学の学びを深めている。教員採用試験の勉強や準備のほか、バイトや趣味のダンスなど、やりたいことにも挑戦する忙しくも充実の日々。

地元の駅から大学までは、JRとアストラムラインで約1時間。JRの中では音楽を聴いたり、テスト前は集中して勉強したりしています。JR新白島駅で降車して乗り換え。

JR新白島駅とアストラムライン新白島駅は接続しているので、徒歩移動。駅周辺にはファストフード店があるので、講義合間に時間があればお昼ご飯を食べに来ることも。

市内中心部へはアストラムラインで15分ほど。講義後は友達と一緒に広島パルコや本通の周辺へ買い物をしに行くことがあります。

買い物の途中、カフェでサンドイッチとコーヒーを買ってランチ。天気が良い日は公園で食べながら、のんびり過ごしています。

英語教員を目指して、その勉強ができるゼミに入っています。同級生が10人くらいいて仲が良く、みんな同じ目標に向かって日々採用試験の勉強に取り組んでいます。

自宅外通学

河村 咲羽さん
短期大学部 幼児教育科 2年 ○島根県立吉賀高等学校出身

一ヶ月の生活費

家賃 30,000円
食費 20,000円
水道光熱費 10,000円
その他雑費 20,000円
合計80,000円

一人暮らしを始めて、自由な時間が増えたのがうれしいです。短大での勉強やピアノ教室での練習、友達との時間や家事など、日々充実しています。これからはアルバイトも始める予定なので楽しみです。

得意な料理で日々の自炊も楽しんでいます。

子どもの頃からの憧れだった保育士を目指し、比治山へ。やってみたかったという一人暮らしをスタートさせ、時間を上手に使いながら学生生活を満喫中。休日は同じ広島市内に住む親戚の家へ遊びに行くことも多い。

家から短大までは自転車だと約25分。構内からの景色も楽しめます。あまり天気が良くない日はアストラムラインでの通学に切り替えています。

保育園に通っていた頃、園の先生のおかげで楽しく通うことができました。それから先生に憧れて、保育士を目指すようになりました。

普段からよく読む絵本。学校の図書館にも絵本が多いので、授業準備のために行っています。福祉にも興味があり、講義や実習を通してその学びも深めていきたいです。

学校帰りに近くのスーパーで食材を購入して自炊しています。実家にいるときから作っていたので、料理はわりと好き。得意なのはハンバーグや生姜焼きです。

平日の夕方や休日は、友達と一緒に市内中心部へ行ってご飯を食べたり買い物を楽しみます。時間がある日は、友達が私の家に泊まって過ごすこともあります。

HIJI NAVIトップへ戻る