loading...
比治山大学 比治山大学短期大学部
メニューを開く

HIJI NAVI

比治山の教育基盤

学修の基礎を形成する

共通教育科目

斉藤 麻里衣さん 現代文化学部 言語文化学科 国際コミュニケーションコース 4年 ○広島県 比治山女子高等学校出身 ※取材当時の学年です

学科を超えた学びで人間力を高める

学習の基礎を形成する

共通教育科目

本学では、大学・短期大学部ともに人間力を高めるための土台づくりに力を入れています。学びへの姿勢や主体性を磨きます。

共通教育科目の3つのPOINT
1 比治山ベーシック科目
自らのスキルを伸ばすとともに、卒業後の進路や人生設計について考えます。
2 教養科目
グローカル、アクティブ・ラーニング、多角的といった観点に基づき、大学内外で主体的に学びます。
3 大学・短期大学部の教員が共同で授業を担当
学科やコース、専門分野を超えた学びができます。
これらを通して身につくこと
  1. 基礎的な学修スキル
  2. キャリアデザイン能力
  3. 「言語」や「情報活用」能力
  4. 主体的に物事に取り組む力
  5. 社会と積極的に関わる姿勢
少人数制セミナー形式の授業で学修の基礎から進路まで考える

比治山ベーシック科目では、学修の基礎的な技術や方法を身につける授業を行います。学生と教員が信頼関係を築きながら学ぶ少人数制のセミナー形式を採用し、卒業後の進路についても一緒に考えていきます。また、急速に情報化・国際化が高まる現代社会に適応していくため、言語・情報活用能力を高める授業も開講します。

多角的な授業で視野を広げる

教養科目では、大学・短期大学部の教員が共同でアクティブ・ラーニングなどを取り入れて多角的に授業を展開。学科やコース、分野を超えて学修することで、広い視野を持つ人材の育成を目指します。

比治山ベーシック科目

「比治山ベーシック科目」は、「スタートアップ」「キャリア形成」「コミュニケーションリテラシー」から構成され、本学の学生として一定のスキルや能力を身につけることを目標としています。

教養科目

教養科目は、特定の分野に偏らない広い視野を持った人材を育成することを目的としています。

比治山ベーシック科目

基礎的な学修スキルやキャリアデザイン能力を身につける

スタートアップ

高校から大学へと環境が変わり、スムーズに比治山大学での「学び」になじむことができるように、大学で学ぶための学修の基礎的な技術・方法を身につけるカリキュラムを用意しています。授業は、学生と教員の距離が近い少人数制によるセミナー方式。また同時に、卒業後の就職や進学への意識が高まるよう配慮しています。

現代文化学部・健康栄養学部
  1. 1年次前期
    初年次セミナーI(必修)
  2. 1年次後期
    初年次セミナーⅡ(必修)
短期大学部
  1. 1年次前期
    初年次セミナー(必修)

キャリア形成

「比治山ベーシック科目」では、キャリア教育を重要な教養として位置づけています。そのため、「キャリアデザイン」を必修科目としています。本学卒業生や社会で活躍する方々を講師に迎え、大学という短い期間の学びを越えて、「一人の人間として、人生をどのように生きるか」という生涯にわたる人生設計を考えていきます。

現代文化学部・健康栄養学部
  1. 2年次前期
    キャリアデザイン(必修)
  2. 2年次後期以降
    • キャリアデザイン演習 I・II・III
    • インターンシップ理論
    • インターンシップ A・B
短期大学部
  1. 1年次後期
    キャリアデザイン(必修)
  2. 2年次前期
    キャリアデザイン演習
  3. 2年次
    インターンシップA・B
日本語・外国語・情報の3つのスキルを身につける

コミュニケーションリテラシー

リテラシーとは、「読み書きする能力」のこと。急速な情報化、国際化を特徴とする現代社会において、従来の「言語」によるリテラシーは当然ながら、コンピュータを活用するためのリテラシーも学修。「日本語」「外国語」「情報」の3つのスキルを「コミュニケーションリテラシー」と位置づけて、大学や社会で通用する水準まで<読む、書く、聞く、話す>能力を高めていきます。

現代文化学部・健康栄養学部開く

  • 日本語・英語については、その習熟度や学修の必要性に応じたトラック制によってきめ細かく指導を行っていきます。
日本語
  1. 1年次前期
    発展トラック
    日本語リテラシー(必修)
    基礎トラック
    日本語リテラシー(必修)
  2. 1年次後期
    日本語表現
    日本語基礎
外国語
  1. 1年次前期
    発展トラック
    英語リテラシー(必修)
    基礎トラック
    英語リテラシー(必修)
    英会話I
    中国語I
    ハングルI
  2. 1年次後期
    英語I
    英語基礎I
    英会話II
    中国語II
    ハングルII
  3. 2年次前期
    英語II
    英語基礎II
  4. 2年次後期
    英語III
    英語基礎III
情報
  1. 1年次前期
    情報リテラシー(必修)
    情報リテラシー(必修)
  2. 1年次後期
    情報処理演習A
    情報処理演習B
  3. 2年次前期
    情報処理演習C
    情報処理演習C

短期大学部開く

  • 日本語・英語については、その習熟度や学修の必要性に応じたトラック制によってきめ細かく指導を行っていきます。
日本語
  1. 1年次前期
    発展トラック
    日本語リテラシー(必修)
    基礎トラック
    日本語リテラシー(必修)
  2. 1年次後期
    日本語表現
    日本語基礎
外国語
  1. 1年次前期
    発展トラック
    英語リテラシー(必修)
    基礎トラック
    英語リテラシー(必修)
    英会話I
    中国語I
    ハングルI
  2. 1年次後期
    英語I
    英語基礎I
    英会話II
    中国語II
    ハングルII
情報
  1. 1年次前期
    情報リテラシー(必修)
  2. 1年次前・後期
    文書デザイン演習
  3. 1年次後期~
    2年次前期
    表計算演習

教養科目

教養科目は,特定の分野に偏らない広い視野を持った人材を育成することを目的としています。大学・短期大学部の教員が授業を担当していますので,学科の枠および専門分野を超えて学修できます。 生命の尊厳と創造性を学ぶための「人間」と「文化」,ひろしま・日本から国際社会を理解するための「社会(地域・国際)」の3つの分野で構成されています。

教養科目の特色

  1. 1各分野にコアとなる総合的科目を設定し,学際的なテーマをオムニバス方式やティームティーチングなどによって,専門分野の異なる複数の教員が多方面からアプローチします。
  2. 2アクティブ・ラーニング(能動的学習)を重視し,学生が主体的に参画できる学生参加型の授業科目を多く導入しています。学びの場も,教室だけとは限らず,大学の外へ飛び出して,施設見学,制作・創作活動,フィールドワークも行います。
  3. 3地域の文化を知ることによって,世界のさまざまな文化(異文化)を理解できるようにし,グローカル,すなわち,グローバル(国際性)とローカル(地域性)との調和を図っています。
  4. 4他大学,短期大学との単位互換授業科目,高大連携による公開授業科目など開かれた授業を目指しています。

教養科目

人間
人間と生命/こころの科学 A・B/こころの健康 A・B/人間の発達 A・B/からだを科学する/食事と健康/ウエルネス論/スポーツA・B
文化
現代の文化/子どもの文化/日本の文学を読む/世界の文学を読む/ことばの世界/美術の世界/音楽の世界/日本の映画を観る/世界の映画を観る/くらしの数学/文芸への誘い/美術を体験する/地域文化を体験するA・B
社会(地域・国際)
ひろしま学 A・B/日本国憲法/人権を考える/ボランティアワークI・II/異文化を知る/世界と日本 A・B/地球環境を考える A・B/Hijiyama Global Studies 海外実習
HIJI NAVIトップへ戻る