loading...
比治山大学 比治山大学短期大学部
メニューを開く
短期大学部|総合生活デザイン学科

学科ニュース

初年次セミナー・紙食器作り―防災課題に取り組む―

2020年09月11日 カテゴリー:学科紹介

総合生活デザイン学科は“生活を総合的に見つめ、考える”学びを展開しています。初年次セミナーでは、数年前から継続して「防災」をテーマとして、身近に起きている災害について自分のこととして意識を持ち、考えてきました。前回の9月1日に行われた広島市危機管理室予防課による講座では、防災課題についての説明を受けました。1年生の全員はこれから、一人一人が防災について考え、衣・食・住・情報といった生活全般において、避難生活の中で必要な物や工夫など、アイデアを持ち寄る課題研究に取り組みます。

sousei_0911_7.png

昨年の大学祭(比治山祭)の先輩たちの展示をスライドで見ながらイメージを膨らませます


課題研究の事前説明に続き、教職課程を学ぶ6名の学生が新聞広告を使用した紙コップの制作について説明し、全員で実際に作ってみました。避難生活の中で身近にあるものを利用して日々を凌いでゆくための工夫の一端が見えた気がしました。

sousei_0911_3.jpg sousei_0911_4.jpg sousei_0911_5.jpg

教職課程の学生の説明を聞きながら、新聞広告を使った紙コップ作りにチャレンジ!

sousei_0911_6.jpg

完成!中にビニール袋を入れ使います


今年の比治山祭(大学祭)はリモート開催のため、例年行っている大学祭での展示発表ができず残念ですが、前期末の休みを利用して課題に取り組んだ結果、1年生がどんなアイデアを出してくれるか楽しみです。

佐々木 圭司

学科メニュー短期大学部総合生活デザイン学科