loading...
比治山大学 比治山大学短期大学部
メニューを開く
短期大学部|総合生活デザイン学科

三つの方針

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)
  1. よりよい自己実現をめざすため、自己肯定感に支えられた高い傾聴、受信力を持ち、自らの人生をデザインし、社会の一員として共に生きるための資質・能力を身に付けている。
  2. 生活に関わる分野において社会に寄与できる人材として自立するための確かな専門的知識・技能及び実践力を身に付けている。
  3. 職業人としての自覚を深め、継続的に専門性を高めつつ地域社会や教育界における課題を分析し問題解決する力と態度を身に付けている。
教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)
  1. 自己肯定感に支えられた高い傾聴・受信力を持ち、豊かな人間性と多面的な見識を養うために、全学共通科目と教養科目を基盤として、生活を総合的にデザインする共通専門教育を展開するカリキュラムを編成しています。
  2. 社会で活躍できる職業人として必要な専門的知識・技能を身に付けるため専門教育科目では5系列を設定し、それぞれの系列に応じた実務教育を主軸にしたカリキュラムを編成しています。
  3. さまざまな検定や資格の取得を通して職業人としての力量を高め、絶えず向上していくキャリア意識を深化させるなかで社会に貢献できる態度と意欲を培うカリキュラムを編成しています。
入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

総合生活デザイン学科では、ディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーに沿って、自己肯定感に支えられた高い傾聴力、受信力を持ち、社会で活躍できる職業人を育成するため、次のような人を求めています。

  1. 生活に関わる分野において、論理的思考力や表現力を身に付け、積極的に生活をデザインしようとする人
  2. 生活を創造するための専門的知識と技能を修得するため、高等学校までの基礎的学力を有している人
  3. 将来、職業人として主体性を持ち、地域社会、教育界など現代社会に対して協働していこうという目的意識を持ち、またさまざまな検定や資格取得に挑戦し、絶えず向上しようとする人

学科メニュー短期大学部総合生活デザイン学科