loading...
比治山大学 比治山大学短期大学部
メニューを開く
現代文化学部|社会臨床心理学科

三つの方針

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)
  1. 自分自身だけではなく、他者の心や行動を理解し、共生社会におけるコミュニケーション力とチームワーク力をもって、他者を支援・援助することができる能力を身に付けている。
  2. 心理学に関する実験や調査をはじめとする科学的手法を用いて、人間の心の状態や行動を解明し、データに基づいて報告書を作成する知識と技能を身に付けている。
  3. 心理学の知識・技術をふまえ、地域社会の要請に応え、課題を解決する態度を身に付けている。
教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)
  1. 共通教育科目では主として共生、専門領域科目では自己理解及び他者理解、実践的科目では支援・援助の能力を高めることを目標とした科目を構成しています。
  2. 基礎科目、特別研究では心に関する科学的理解を深め、心理実験・調査と、その報告書作成についての専門的知識と技能を身に付けることを目標とした科目を構成しています。
  3. 発展科目では心理学の専門性を活かして地域社会の要望に応え、課題解決に向き合う力量と態度を高める科目を構成しています。
入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

社会臨床心理学科では、ディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーに沿って、心理学を活かして、社会に広く貢献しようと熱意を持って学ぶことのできる人材の育成を行う上で、次のような人を求めています。

  1. 日本語や英語で書かれた文章をよく理解し、他者と共感しつつ自分の考えを他者に伝える思考力・判断力・表現力の向上に努力する人
  2. 心理学に興味があり、本学科における専門的知識と技能を修得するための基礎的学力(高等学校までに履修する各教科内容)を有している人
  3. 心理学の専門的知識や技能を身に付け、地域社会の課題を解決していきたい人

学科メニュー現代文化学部社会臨床心理学科