loading...
比治山大学 比治山大学短期大学部
メニューを開く
短期大学部|美術科

三つの方針

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)
  1. 芸術活動や制作活動を通して、自己表現と伝達を実現するための表現力・創造力および社会において豊かな人間関係を築く力を身に付けている。
  2. 美術分野の基盤となる素材や技術に関する専門的知識と技能を身に付け、それらを用いた創造性豊かな表現ができる力を身に付けている。
  3. 芸術活動や制作活動の中で常に向上心を持ち、集中力や持続力を保つ中で専門性を磨き、表現者・職業人として地域社会や教育界に貢献できる力と態度を身に付けている。
教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)
  1. 表現者・職業人として自らの人生をデザインし、豊かな人間性と多角的視点から問題を探求する力及び幅広い見識を養うために、共通教育科目と美術科の基礎演習科目を中心としたカリキュラムを編成しています。
  2. 美術に関する基礎的な知識の理解や技法を習得するための理論系科目、CG 系科目及び表現者・職業人として必要な力量を高め、実践的な応用力を養うためのコース専門科目からなるカリキュラムを編成しています。
  3. 美術における確かな表現力で作品を発表し、自らの力量を高めるとともに地域社会や教育界に貢献できる意欲と態度を培うカリキュラムを編成しています。
入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

美術科では、ディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーに沿った人材育成をするため、美術が好きで、美術を学ぶことに魅力を感じる人を求めています。

  1. 自由な創造力と豊かな表現力を求めようとする人
  2. 本学科で学ぶために必要な高等学校までの基礎的学力を有している人
  3. 本学科の教育を受けることによって自らを表現者・職業人として最大限成長させようとする人

学科メニュー短期大学部美術科