loading...
比治山大学 比治山大学短期大学部
メニューを開く
HIJIYAMA UNIVERSITY
現代文化学部

言語文化学科 
国際コミュニケーションコース

英語を中心とした外国語を修得し、国際社会で活躍できる人材をめざす。

コース独自の英語コアカリキュラムにより、国際社会で使える英語を修得。さらに、多様な文化・言語から世界を考えることで、英語+αのスキルを身につけます。

  1. POINT1英語でのコミュニケーション能力が身につく。
  2. POINT29カ国15プログラムで行われる留学に参加できる。

卒業後の主な進路

  • 空港グランドスタッフ
  • ホテルスタッフ
  • 旅行代理店
  • 出版社
  • 英語科教員
  • 塾講師

ほか

進路情報へ

コース基本情報

コースの特徴

比治山大学ではCALL 教室 (パソコンベースの学習) で2020年より新たに2つのオンライン英語プログラムを開始しました。いずれも、2年生は必修の「基礎ゼミナール」で、国際コミュニケーションコースの学生全員が受講します。その他の学年は希望により受講します。

1つは「 オンライン英会話」です。この新しいプログラムではフィリピンの英語ネイティブスピーカーとマンツーマンで40分間、個別の英会話をします。リアルタイムで行うため、話す力、聞き取る力を磨き、英語上達に何より大事な自信をつけることができます。

もう1つは、オンデマンドで24時間どこでも受講できる「オンライン英語トレーニング」です。このプログラムでは会話以外の英語の全てのスキルを学びます。文法と文章の構造、読解、ライティング、そして語彙とリスニングです。授業での取り組み以外にも、自宅や通学中など、自分の好きな時間に自分のペースで、繰り返し、じっくりトレーニングすることができます。課題は3~5分程度で行えるもので、すきま時間を有効に使って英語力を身につけることができます。

英語スキルの習得をオンデマンドの「オンライン英語トレーニング」で、習得したスキルをリアルタイムの「オンライン英会話」で実践的に活用し、使える英語力を身につけた国際人を目指しましょう!

取得できる免許・資格

  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 日本語教員養成課程修了証
  • 学芸員資格(※)
    ※学芸員は博物館や美術館などで資料を収集、保管しながら調査・研究を進め、様々な展示を通して、学術や教育・文化の発展に寄与する専門職です。

国際コミュニケーションコースが掲げる三つの方針

「卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)」「教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)」「入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)」を紹介しています。

三つの方針へ

将来性を育むカリキュラム

グローバルマインドとコミュニケーション力を育みます。

カリキュラムへ

授業紹介

多様な言語と文化を学び、自分の考えを伝え他者の考えを分析します。

授業紹介へ

専任教員と主な担当科目

専任教員紹介と担当科目のご紹介。

教員紹介へ

学科メニュー現代文化学部言語文化学科
国際コミュニケーションコース